■薄毛対策にはまずスカルプケア。

薄毛予防にスカルプケアは大事だけれど、病気や事故が原因で毛髪を失ってしまった人はかつらを愛用するしかない~。

いまアートネイチャーなどの大手企業では、こうしたことが原因で苦しんでいる子どもたちに無償でウィッグを届けるという社会貢献活動が盛んに行われています。

もともとは舞台で活躍する役者さんたちのために、薄毛やモヒカン、時代劇のかつらなどを製作していて、その技術を応用したものだといいます。

ところで脱毛して薄毛になってしまった要因にはスカルプケアが大事だといいましたが、なぜかといえば頭皮ケアの有無によって皮下の血行に歴然とした違いが生じ、皮脂の除去レベルにもかなりの違いが生まれてしまうからです。

実はこの「血行と皮脂」にこそ薄毛の決定的な要因があるとされ、それ故にスカルプケアは、薄毛改善のための絶対的要件とも言われています。

人によっては、サプリメントに依存したりホルモンバランスの異常に気をとられて、短絡的な薄毛対策に追われてしまうケースもみられますが、 それだけで薄毛の症状が改善されることはまずありません。

皮膚は細胞組織のはたらきによって生まれ変わり、髪の成長を助けています。

発毛剤を使用する際にヘアサイクルを守ったり、適量を守るといったことは当たり前ですが、それ以前にスカルプケアをきちんとして、頭皮の環境を整えておくことが薄毛解消には不可欠なことです。

薄毛の悩みをかかえている日本人は、すべての薄毛の人のうち7割以上にものぼるとされ、実際に頭髪の量が減って、本来は見えないはずの地肌が見えてしまう状態に悩んでいる人は3人に1人とも言われています。

何はともあれ「薄毛対策にはスカルプケア」を念頭に、より効果的な薄毛改善をめざしていきましょう。

【女性対象クリニック】女性専門頭髪外来